? WEB針金細工教室

WEB針金細工教室 レシピ3

ワイヤーを編む:その2

■ワイヤーを編む:その2

これは細いワイヤーが適していますが、最初は太めで練習した方がいいかもしれません。その場合は柔かいワイヤーを選んでください。また、縦のワイヤーを多少太めにすると作りやすいかもしれません。
まず画像1のように2本づつ2組のワイヤー(縦の線になります)の中ほどに別のワイヤー(横の線)を2・3回巻いて留めます。
縦のワイヤーの数はもっと多くすることもできます。横のワイヤーの長さは足りなくなっても別の線で続けていけますので、適当にとってかまいません。この辺りは後で解説します。
また、“中ほど”といいましたが、作るものが曲線の場合は外周の方が長くなります。でも、その当たりの推量は難しいので、多少無駄な部分が出てもいいやという気持ちで余裕のある長さをとってください。

編む基本は、両サイドには2回巻きつけ、中にあるワイヤーは1組づつ交互にくぐらせることです。
画像2のように右端に2回巻きつけてスタートし、中のワイヤーを1組づつ交互にくぐらせて左端に行き、2回巻きつけたら、左方向に、前のワイヤーと挟むように交互にくぐらせます。

弧を描く部分は、例えば右方向に曲がる場合、画像4のようにAからBで降り返してしまい、戻ったらAに2度巻きつけて、また左に進み、次はCで降り返しというふうに続けます。
これは外周の方が内周より長いので、網目を多くしないと空きが出てしまうための処置です。だから途中で戻る回数やどこで戻るかはカーブの度合いに従って調節してください。(画像5

それから、横のワイヤーが足りなくなった場合ですが、次のワイヤーを適当なところから入れればOKです。前のワイヤーの最後と次のワイヤーの最初の部分は裏側に入れるようにして、短すぎて外れることのない適当なところでカットしてください。(画像6

網目を整えるのは先の細い工具でもできますが、クジリなどを使うのもいいでしょう。

下の星型のペンダントヘッドはこの作り方を応用したものです。慣れたらなるべく細いワイヤーを使い、他のテクニックやビーズと組み合わせてアクセサリーなど挑戦してみてください。針金を単純に曲げたのとは一味違うものになると思います。




NEXT

BACK

WEB針金細工教室 MENU